【ドラゴンネスト】リセマラ不要!序盤攻略とおすすめジョブ【ドラネス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
doranesu-aikya

ドラゴンネストM/ドラネスの序盤攻略・おすすめジョブについての記事です。

ろっくんです!よろしくお願いします!

2018年12月13日にリリースされた『ドラゴンネストM』(ドラネス)はリセマラ不要なので、序盤の手順と雰囲気、簡単な攻略情報をご紹介します。

ダウンロードはこちら!

ドラゴンネストMのダウンロードはこちらから!

app_storegoogle-play

Sponsored Links




ドラゴンネストM/ドラネスはリセマラ不要!

ドラゴンネストMには、ガチャが存在しておりリセマラも可能ですが、必要性は限りなく低いです。

ガチャにはアバターガチャと精霊ガチャの2種類があり、無料配布の石(ドラゴンコイン)で引けるのは精霊ガチャのみです。

そのため、リセマラする場合は精霊を狙っていくことになります。

しかし1周にかかる時間は30分程であり、ガチャ回数は7回と相当リセマラ効率が悪いです。

さらに、精霊によって得られる効果は大きいですが、プレイヤースキルでカバーできるものが大半です。

なので、わざわざ精霊を厳選するよりも、早くゲームを進めた方が得策でしょう。

ドラゴンネストM/ドラネスのリセマラ方法とガチャ当たり

リセマラのやり方

データはアプリ削除でリセットできるので、一般的なリセマラが可能です。

基本的な進め方は、画面左側に表示されるクエストの指示をタップして話を進めつつ、バトルをこなしていく形になります。

簡単な流れは以下の通りです。

  1. ログイン(リセマラするならゲスト選択)
  2. ジョブ・名前選択(重複不可・変更500消費)
  3. チュートリアルバトル
  4. メインストーリー進行
    ・精霊ガチャ(羊確定、レベル7)
    ・アバターガチャ(ランダム、レベル10)
  5. プレゼント受け取り(レベル14、12/13時点で2155個)
  6. ガチャ(単発7回)
  7. リセマラするならアプリ削除

8個程のクエストを全て手動操作でクリアする必要があり、1つあたり2~3分弱程かかります。

そのため、リセマラする場合は非常に時間がかかります。

ろっくんなりに結構頑張って回してみましたが、1時間で2周が関の山でした…

ガチャ当たりはSランク精霊だが…

ガチャには、ドラゴンコインを単発300個、10連3000個使用します。排出される対象はレアリティが定められた精霊とアイテムです。

排出確率は以下の通りです。

レア確率
Sランク1.079%
Aランク6.476%
Bランク28.347%
その他アイテム64.102%

ドラゴンコインを2155個所持しているので、ガチャは7回引けます。

7回でSランク及びAランクの精霊が出る確率は以下の通りです。

■Sランク

  • Sランクが1体以上:7.31%
  • Sランクが2体以上:0.24%

■Aランク

  • Aランクが1体以上:37.42%
  • Aランクが2体以上:7.08%
  • Aランクが3体以上:0.78%

通常であればSランクを1体くらいなら狙えそうな確率ですが、1周に時間がかかりすぎるので厳しいです…

この数値だと、22回リセマラ(11時間w)すれば80%の人がリセマラ終了できます。

コツコツやり込んで装備を作りつつ強くなっていく内容なので、その時間分ゲームを進めた方が間違いなく良いです!

しかもSランク精霊がここまでの労力に見合った内容かというと、そこまでではありません。

ログイン3日後にはAランク精霊も貰えます。なのでリセマラ不要です。

Sponsored Links




ドラゴンネストM/ドラネスの序盤攻略概要

ジョブ・名前設定

名前は重複不可で、変更にはドラゴンコインを500個使用します。

ジョブは以下の5種類から選択します。

  • ソーサレス…中距離魔法、攻撃力が高い
  • クレリック…近距離魔法、防御が高い
  • アーチャー…遠距離物理、攻撃速度が速い
  • アカデミック…中距離魔法、戦闘時召喚が使用できる
  • ウォーリアー…近距離物理、移動速度が速い

使いやすいのはウォーリアーですが、おすすめはクレリックです。

クレリックの場合は火力はそこまで無いですが生存能力が高く、高難易度でのパーティプレイでは必須となってくる存在です。

少し扱い辛いですが、ソーサレスはどんどんスキルを使用する火力キャラで、得意な人が使うと恐ろしい継続火力を出せます。耐久能力は低いので要注意です。

後述しますが、レベル15になるとさらに専門職2種類のどれかに転職できるようになるので、その内容を見て決めても良いかと思います。

バトルの基本的な操作とコツ

基本的な操作方法は良くあるアクションRPGと同様で、左下操作、右下攻撃といった配置になっています。

バトル中のオート機能は無く、全て自分の操作で戦闘する必要があります。

doranesu-battle

ボス戦含め、強い敵になるとアーマーゲージが存在し、このゲージを削り切ると一定時間(アーマーゲージが回復するまで)スタンが入ります。

スタンが入るとスキルのクールタイムが0に戻るので、このチャンスを生かして一気にスキル攻撃を放出しましょう!

相手を気にせず攻撃できるので、かなりのダメージを稼ぐことができます。

doranesu-battle2

右下の一番端には回避ボタンが配置されていますが、回避行動で移動できる距離が結構長いです。

上手くバランスを取られているようで、敵の攻撃アクションを確認したらすぐに回避すればちゃんと避けられるようになっています。

立ち回りとしては通常攻撃よりもスキルをしっかり当てることを意識して、相手の攻撃や動き、パターンを覚えることを重要視した方が良いでしょう。

とりあえず攻撃して火力でゴリ押す戦法は序盤でしか通用しなくなるので要注意です。

ドラゴンネストM/ドラネスのおすすめジョブ

王道のファンタジーMMOといった感じで雰囲気が良いですね!

スキルアクションは派手で、ジョブごとにかなり能力が異なるので、協力プレイが楽しめる内容になっています。

ここでは簡単に気付いたことや攻略についての情報をまとめました。

ジョブは更に専門の2種類に転職できる

始めに選択した5種類のジョブは、15レベルになると更にその先の専門職2種類のいずれかに転職できます。

ソーサレスエレメンタルロード中距離での高火力魔法。火力は非常に高いが耐久性に難あり。
フォースユーザー遠距離火力魔法。火力もある程度高く、味方支援も出来る。こちらも耐久性に難あり。
クレリックプリースト回復・バフ特化。完全にサポート向き。
パラディン防御特化。タンクとして前線維持。
アーチャーボウマスター遠距離からの対複数特化。
アクロバット近~中距離で速さを生かした一定距離攻撃が可能。
アカデミックエンジニア召喚特化。2体召喚も可能。
アルケミスト召喚に加え、自分もある程度だが、近距離戦闘出来るようになる。
ウォーリアーソードマスター連続攻撃・コンボ特化。早さとある程度長いリーチが〇。
マーセナリー一撃の重さとヒット&アウェイが得意。

おすすめはアクロバット・エンジニア・マーセナリー辺りです。

エンジニアは少しトリッキーですが、この3つは対人戦、クエスト攻略共に汎用性が高く優秀です。

対人戦を考えないのであればクレリックの転職先はどちらもパーティにとって貴重な存在なので良いでしょう。

また、この手のゲームが得意な方にはフォースユーザー・エレメンタルロードをおすすめします。火力は段違いです。

「当たらなければどうということはない」というやつですw

エレメンタルロードには高速移動式の攻撃スキルがあり、これで攻撃しつつ逃げることができるので上級者向きですが使いこなせると楽しいでしょう。

ダウンロードはこちら!

ドラゴンネストMのダウンロードはこちらから!

app_storegoogle-play

PickUp!
注目のおすすめゲーム!

最新作・イベント・高評価…
今熱いor外せない名作アプリ紹介中!
一度はやって欲しい「おすすめゲーム」です!

キングスレイド

Point!

■全キャラ最高レア到達!可愛いorカッコいいキャラを自由に育成!
■超リアルな3Dグラでぬるぬる動く!圧巻のゲーム性とバランス!

リリース以来人気が全く落ちない名作!ガチャ無し仕様が非常に好評!
美麗3Dグラフィックによる演出・動きで「見るだけで楽しい!」という方も多数。
見た目だけではなくゲームバランスも絶妙で、やりごたえ抜群です。
キャラガチャが無い部分を生かしつつ上手くゲーム性を保ったオススメの作品です!

キングスレイドキングスレイド

キングダムオブヒーロー

Point!

■6マスフィールドでの戦略系バトルなのにテンポが良い!
■全キャラ最高レア到達!ルーン育成でやり込み要素は満載!

フィンクロ・ブラウンダストでお馴染みNEOWIZの最新作TRPG!
マス目系ターン制戦略バトルってどうしても1戦が長くなりがちです…
しかし、キンヒロはタップでの簡単操作でテンポ良く進行するのでさくさくプレイ!
全キャラ最高レア育成可能であり、キャラの特徴に合わせてルーン強化・収集が可能。
オート機能も優秀なので、軽く遊ぶのにもってこいの作品です!

キングダムオブヒーローキングダムオブヒーロー

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*