【伝説対決】リセマラ不要!序盤の雰囲気と簡単な攻略情報を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
kessentaiketu-aikyka

ろっくんです!よろしくお願いします!

2018年11月28日にリリースされた『伝説対決』(ARENA OF VALOR)はリセマラ不要なので、序盤の手順と雰囲気、簡単な攻略情報をご紹介します。

オンラインでの最大5対5によるアクション+戦略チーム対戦バトルゲーム(MOBA)です。

Sponsored Links




伝説対決/ARENA OF VALORのゲーム概要

伝説対決は戦略とアクションを兼ね備えた最大5対5のチーム対戦バトルゲームです。

「MOBA」系と呼ばれるジャンルのもので、敵陣営の拠点及び最終拠点を破壊することを目的として、5vs5で戦略的に戦闘を繰り広げます。

戦闘自体はアクションRPGのようにスキルを駆使したリアルタイムバトルに近いです。

バトル中にスキルアンロック&強化や装備の購入で使用キャラを強化していきます。

kessentaiketu-battle

戦場は自陣と敵陣に分かれ、上側、真中、下側と3つのルートが用意されているので、そこから敵陣の最奥にある本拠地を狙います。

敵陣を目指して攻撃するのは自分を含めた5人のオンラインプレイヤーと、一定周期で自動生成されるCPUの兵士です。

5vs5なので、自分がどのルートを攻めるべきなのかを、敵プレイヤーと味方プレイヤーの動き、CPUの数も確認しながら決めていきましょう!

伝説対決/ARENA OF VALORはリセマラ不要!?

このゲームはガチャに付随するシステムが無く、アプリ削除でデータを消すこともできないので、リセマラ不可です。

課金アイテム(バウチャー)やアイテム交換によりキャラや衣装を入手することができます。

衣装が変わってもキャラの性能自体が変化することはありません。

協力プレイや戦略によって勝利を目指すゲーム内容なので、キャラの強化というよりプレイヤースキルが重視されるゲームです。

伝説対決/ARENA OF VALORの雰囲気と序盤説明

名前設定

名前は変更できますが、名前変更カードというバウチャー100個消費で入手できるアイテムが必要です。

リセマラはできないので、始めから納得できる名前を設定しておきましょう

バトル雰囲気

バトルシステムは他のMOBA系ゲームとほとんど変わりありません。経験者であればすんなりプレイ出来るかと思います。

ここではバトルの雰囲気を、ゲーム内容も含めてご紹介します。

まず基本的な操作方法ですが、左下に操作スティック、右下に攻撃・スキルアイコンがある馴染みのある形式になっています。

スキルは初期段階では発動できず、敵を倒して少しずつポイントを稼ぐことで発動可能となります。

kessentaiketu-map

マップには大きく分けて上側・真ん中・下側の3つのルートがあります。

ルート上には敵・味方の拠点が3つずつ存在し、一定範囲内に入ってくる敵へ攻撃してきます。

敵・味方それぞれ一定周期でCPUの兵士が各ルートに1部隊ずつ(部隊は3体編成)侵攻していくので、それを生かしながら拠点を攻めます。

最終的に敵の本拠地へ侵攻し、攻め落としたチームが勝利となります。

kessentaiketu-nigeru

相手に倒されても何度でも復活できるので、試合中は初心者の方でも常にプレイし続けることができます。

ただし、倒されるとその分相手の能力を大幅に上昇させてしまうので、倒されないようにすることが重要です。

画面下側にある「リコール」を押すと自陣の本拠地に戻ることができます。本拠地でHPを回復することができるのでダメージを負った場合は戻りましょう。

プレゼント受け取り

kessentaiketu-present

チュートリアルが終わってホーム画面にて自由に動けるようになったらプレゼント受け取りをしておきましょう。

実績なども含めて全て受け取ると、現時点(11/28)でゴールド3460、ジェム140個を所持していました。

ゴールドをためることでキャラを交換できます。3460でも既に交換可能なキャラが存在します。

しかし、交換キャラが初期使用可能キャラより強いかと言えば、そんなことはありません。

使い方次第で十分初期キャラも強いので、ひとまずゴールドは使わず温存しておくことをおすすめします。

ひたすら対戦する

何はともあれ実際にバトルをやってみて、いろんなキャラを使ってみないと良く分からないですよね!

対戦すればするほどゴールドが溜まってキャラをアンロックできるので、最初はとにかく対戦あるのみ!です。

上手なプレイヤーがいたら一緒に動いて立ち回りを参考にしてみましょう。

孤立するより2人で動いた方が安全なので、試合を有利に進める上でも良いかと思います。

Sponsored Links




伝説対決/ARENA OF VALORの序盤攻略とおすすめキャラ!

最優先は「倒されないこと」!

前述しましたが、倒されると相手の能力が上昇し、こちらは一定時間復活できない状態になるのでかなり不利な状況になります。

「自分もダメージを負ってるが、相手をもう少しで倒せるから…」と深追いするのは禁物です!

始めたばかりの方であれば、自分のHPが1/3くらいになったらすぐにでも逃げましょう。最早半分でも逃げた方が良いくらいです。

逃げる時は、自陣の拠点の後ろ側で一端様子見するか、戦線を離脱して相手から遠く離れた後、リコールを押して自陣に戻りましょう。

リコールは何度でもできますが、発動してからすぐ戻ることができず、ゲージをためる必要があるので要注意です。

戻ることができれば、ぐんぐんHPは回復するので、全快後、再度状況をみて戦線に参加しましょう。

また、倒されないためにも、味方と一緒に動くことが望ましいです!決して一人で行動しないように心がけましょう。

拠点を攻める時はCPUを上手く使う

kessentaiketu-kyoten

敵の拠点からの攻撃はかなり痛いです。初期段階では拠点攻撃によってすぐに倒されてしまいます。

しかし、拠点の攻撃は初めに攻撃範囲内に入った敵から攻撃するため、味方のCPUを囮にしましょう。

それによって自分が標的にならず、安全に拠点を攻撃できます。

ただし、余程戦力が集中していない限り、CPUの1部隊と自分だけでは1回の攻撃で攻め落とすことはできません。

そのため、味方CPUが3体とも倒される前に、頃合いをみて撤退しましょう。

やはり「倒されないこと」が最優先なので、無駄にダメージを負うのは良くありません。

新しいCPUの部隊が到着するまで他の戦線に合流したり、自陣に戻って回復するようにしましょう。

おすすめは高耐久の回復可能キャラ

kessentaiketu-tara

どれだけ倒されないことを意識しても、コツを掴むまでは、高火力低耐久キャラはおすすめしません。

耐久性能が高く、できればスキルで回復可能なキャラが好ましいです。

おすすめはログインボーナスで貰うことができる「ターラ」というキャラです。

タンク特化とまではいかないものの、ある程度の耐久性能と物理攻撃、加えて回復スキルが使用できる万能キャラです。

うまく使いこなせば回復スキルを使って自陣に戻ることなく戦線に居座り続けることが出来ます。

スキル内容は以下の通りです。

  • 鋼鉄の肉体:5秒間HPを毎秒8%回復し、移動速度を30%上昇させる(40秒)
  • 粉骨砕身:ハンマーを振り回し、範囲内の敵すべてに150(+物攻の60%)の攻撃を2回(5秒)
  • 大いなる一槌:移動しながらハンマーを振り下ろし範囲内の敵に120(+物攻の50%)の攻撃、2秒間移動速度30%低下させる(12秒)

どれかのキャラが最強!というものは存在しないので、もちろん自分のスタイルに合ったキャラを使うのが良いです。

しかし、まだゲームの雰囲気を良く分かっていないうちは安定感のあるキャラを使った方が良いでしょう。


PickUp!注目のおすすめゲーム!
最新作・イベント中・高評価の名作アプリを紹介しています…
一度はやってみて欲しいまさに「おすすめゲーム」です!

キングスレイド

Point!

■全キャラ最高レア到達!可愛いorカッコいいキャラを自由に育成!
■超リアルな3Dグラでぬるぬる動く!圧巻のゲーム性とバランス!

リリース以来人気が全く落ちない名作!ガチャ無し仕様が非常に好評!
美麗3Dグラフィックによる演出・動きで「見るだけで楽しい!」という方も多数。
驚くのは見た目だけではなく、ゲームバランスも絶妙なところですね。
キャラガチャが無い部分を生かしつつ上手くゲーム性を保ったオススメの作品です!

キングスレイドキングスレイド

キングダムオブヒーロー

Point!

■6マスフィールドでの戦略系バトルなのにテンポが良い!
■全キャラ最高レア到達!ルーン育成でやり込み要素は満載!

フィンクロ・ブラウンダストでお馴染みNEOWIZの最新作TRPG!
マス目系ターン制戦略バトルってどうしても1戦が長くなりがちです…
しかし、キンヒロはタップでの簡単操作でテンポ良く進行するのでさくさくプレイ!
全キャラ最高レア育成可能であり、キャラの特徴に合わせてルーン強化・収集が可能。
オート機能も優秀なので、軽く遊ぶのにもってこいの作品です!

キングダムオブヒーローキングダムオブヒーロー

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*